biography

mabanua is a Japanese drummer, producer, and singer who has definitely made his mark in the Japanese music scene in the past 10 years. A multi-instrumentalist who has collaborated with some of the biggest starts in the J-pop music scene, to some of the dopest rappers in the underground scene. His production catalogue exceeds well over 100 songs. Not only has he been indispensable in the music scene, he has been responsible for creating music for film, television, and anime. In addition, he has played with a number of overseas artists such as Toro y Moi, Chet Faker, Madlib, and Thundercat. As a member of the Japanese band “Ovall“, he has played at some of biggest festivals here in Japan.

ドラマー、プロデューサー、ビートメーカー、シンガーという他に類を見ないスタイルのマルチクリエイター。
全ての楽器を自ら演奏し、それらの音をドラマーならではのビートセンスでサンプリング、HIP HOPのフィルターを通しながらもジャンルに捉われない音創りが世界中から絶賛される。
プロデューサー、リミキサー、ドラマーとして多数のアーティストをサポート、これまでに200曲以上のアレンジやプロデュースを手がける。また海外アーティストも音楽性に共感しコラボレーションしている。さらに数々のTVCMや劇伴も担当。
またドラマーとして、Shingo Suzuki、関口シンゴと共にバンドOvall(オーバル)としても活動する他、ビートメイカーBudamunkとのユニット “Green Butter“、タブラ奏者 U-zhaan と共に “U-zhaan × mabanua”、ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文のソロプロジェクト “Gotch BAND” のメンバーとしても活動するなどジャンルレス、ボーダーレスに活躍中。
2021年、Orono (Superorganism) をフィーチャリングに迎え「Coffee Excess」をリリース。
ストリートからコーヒーショップまでをチルなバイブスで包み込んでいる。