Ovall (オーバル)

http://ovall.net
トラックメーカー/ベーシスト Shingo Suzukiによるバンドプロジェクト。同じくトラックメーカーとしても話題のドラマー mabanua、“vusik”としても活動する 関口シンゴという3人のプレイヤーを中心に活動。バンド名義でのアルバムリリース前にも関わらず朝霧JAM 2009に出演、緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一遍させオーディエンスから「今年のベストアクト!」という声が多数挙がった。
また2010年にはFUJI ROCK、GREEN ROOM、SUN SET LIVE、RINSING SUNなどに出演し、3月にリリースした1stアルバム『DON’T CARE WHO KNOWS THAT』はiTunes HIP-HOPチャートで1位、タワーレコードbounce年間チャートで総合(洋邦含む)8位を記録し話題に。さらに2011年にリリースしたミニアルバム『Heart Fever』でその人気は不動のものに。サンプリングと生演奏のシームレスな融合で織り成す野太いグルーヴにカラフルなサウンドスパイスがブレンドされ浮かび上がるユニークな音像は聴く者を別次元へと誘う。進化するアブソリュート・ミクスチャーミュージックから耳が離せない。




GAGLE×Ovall (ガグル オーバル)

GAGLE×Ovall Victor Entertainment
独自の音楽的観点からジャパニーズ・ヒップホップシーンを支え続けたGAGLEとOvallが2012年に結成した奇跡のユニット。それぞれ世界中に多くのファンを抱えるアーティストであり、彼ら自身ワールド・ワイドに視点を置いた活動を展開中。元々多くの現場でリンクしていた両アーティストが2011年、ヘネシーが主催するシークレット・ライヴ企画<Hennessy artistry>にてセッションを敢行、意気投合し今回のスペシャル・ユニット結成に至る。サンプリングと生演奏をシームレスに融合したOvallのグルーヴに、GAGLEのソリッドなサウンドプロダクションとキレのあるラップが折り重なり、シーンに革命を起こす奇跡のユニットが誕生。国内最高峰の2大ヒップホップレーベル、Jazzy Sportとorigami PRODUCTIONSが驚異のコラボ作品を発表!両レーベルを代表する看板アーティスト‘GAGLE’と‘Ovall’が織りなす奇跡のグルーヴがジャパニーズ・ヒップホップ・シーンをさらにリードする!!


GreenButter

Green Butter (グリーン・バター)

http://p-vine.jp/artists/green-butter
Green Butterは主にサンプラーを操りヒップホップのビートを作成するBudamunk と、ドラムを中心とした様々な楽器を熟知したmabanuaの想像力を合体させた音楽である。Budamunkが作った中毒性の高いグリーンなビートを土台にmabanuaの滑らかでゆったりとしたバターの様な音と演奏が交わる。これによって濃度の高いグルーヴと繊細でロウな音質が誰をもmad relaxさせる空間である。

Budamunk (Soul Jugglers / Sick Team / Jazzy Sport)
ヒップホップ・ビートプロデューサー。96 年にLA に渡米。後にDJ やビート作りを始める。2004 年にMC のJoe Styles とOYG と”Keentokers”として活動開始。
Keentokersは、仲のいいクルーLive Radioらと共に”Soul Jugglerz”としても、LAアンダーグラウンドのステージで多くの通をうならしてきた。Budamunk 個人としても2005 年に、LA のレコード店で行なわれたBeat Battle で、唯一の日本人でありながら優勝という快挙を成し遂げる。DIBIASE らとのビートセッションに参加するなど、日本人でありながらLA のシーンで活躍してきた。2006 年に帰国し、国内での活動を始めJazzy Sport に所属。2008 年に日本で初めて行われたAKAI 主催のMPC バトル『GOLD FINGER’S KITCHEN 2008』で優勝。Jazzy Sport やDOGEAR RECORDS からレコード、Mix CD のリリースを重ね、自身のBeat シリーズ “Mokstrumentals”、S.l.a.c.k.『MySpace』のremix EP『Buda Space』が大きな反響を呼んでいる。
http://p-vine.jp/artists/budamunk


uzhaan × mabanua

U-zhaan × mabanua (ユザーン バイ マバヌア)

タブラ奏者U-zhaanとドラマーmabanuaによるプロジェクト。
レイ・ハラカミ氏の「ユザーンがmabanuaくんとやるのをちょっと観てみたいなー、おれ」という軽い勧めにより結成。
音源リリースは未だないにも関わらず、UNIQLO CMへの楽曲提供や、FUJI ROCK、KAIKOO、りんご音楽祭など全国のフェスにも多数出演。

U-zhaan
ザキール・フセイン、オニンド・チャタルジーの両氏にタブラを師事。yanokami、UA、HIFANA、七尾旅人、SUPER CAR、大橋トリオ、小室哲哉など多くのアーティストの作品にタブラ奏者として参加している。憧れのミュージシャンはレイ・ハラカミ。