Multi-talented artist, mabanua, has different musical faces such as drummer, beat-maker, and singer. He samples the sounds that he plays. Most of his music is hip-hop flavored; however, he is open to various kinds of music. He made a video showing the creation of a song. It caught the attention of people on Youtube, and the British music website, NME featured the video on their webpage. AKIL THE MC of Jurassic 5, Eshe of Arrested Development, and Kev Brown shared understanding of mabanua’s musical style. They have collaborated on mabanua’s 1st album “done already.”

His talent as an entertainer also attracts the audience to his stage performance. He plays the drums and sings at the same time without stopping just like a DJ spinning.
mabanua is also a member of a jazz hip-hip band, Ovall. The band consists of Shingo Suzuki (bass/keys), Shingo Sekiguchi (guitar) and mabanua (drums/vocal). Their music is a unique mixture of sampling and live sound.
In addition, he has been expanding his solo career as a producer, remixer, and tour drummer, working with artists such as Eshe of Arrested Development, Akiko Yano, Chara, Ohashi Trio, Quruli, Gotch (ASIAN KUNG-FU GENERATION), Yuko Ando, BENI, TWIGY, Miho Fukuhara, Tabito Nanao, Makoto Kawamoto, Shota Shimizu, AISHA, and more.
In 2011, he launched two collaboration projects, “Green Butter” with a beatmaker, Budamunk, and “U-zhaan x mabanua” with a table player, U-zhaan, and collaborated with U-zhaan and Hirokazu Yamazaki (toe) to create music for UNIQLO’s commercials with Yugo Nakamura as the director. He was also a part of Tower Record’s campaign, “No music, No Life?” as the campaign label.
In 2012, he appeared as mabanua at ITADAKI and as U-zhaan and mabanua at Fuji Rock Festival and KAIKOO. He was also a performer at “100% U-zhaan” along with Akiko Yano, Keigo Oyamada, and MIYAVI. He has also composed a great number of music for various medias including tv commercials for Google, United Arrows, Kanebo Cosmetics, AEON, Kewpie, and A cartoon show, “Kids On The Slope” (FUJI TV), “Space Dandy”, and more.

His 2nd album, “only the facts,” has been largely acclaimed in and out of the country.mabanua is no doubt one of the finest and busiest drummer and creator in the Japanese music scene.

ドラマー/ビートメーカー/シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。
全ての楽器を自ら演奏し、それらの音をドラマーならではのフィジカルなビートセンスでサンプリングし再構築、HIP HOPのフィルターを通しながらもジャンルに捉われない音創りが世界中から絶賛される。

プロデューサー、リミキサー、ドラマーとしてChara、Gotch (ASIAN KUNG-FU GENERATION)、大橋トリオ、くるり、安藤裕子、SKY-HI (AAA)、SALU、Awesome City Club、米津玄師、戸渡陽太、Negicco、有安杏果 (ももいろクローバーZ)、Kenichiro Nishihara、Sick Team、5lack、ピエール中野 (凛として時雨)、DEAN FUJIOKA、一十三十一、藤原さくら、秦基博、菅野よう子、杏里、七尾旅人、福原美穂、BENI、COMA-CHI、清水翔太、川本真琴、AISHA、Eshe (Arrested Development)、Chet Faker、TWIGY、LUCKY TAPES、Kie Katagi (jizue)、思い出野郎Aチームなどをサポート。

また各種メディアへの楽曲提供も多数手掛け、Google、SONY、花王、資生堂、Nikon、JR、イオン、キユーピー、江崎グリコ、ジョンソン&ジョンソン、カネボウ、ユナイテッド・アローズ、リクルート、ユニクロ、コロナビール、文部科学省他数々のTVCM、また菅野よう子とともにフジテレビ系ドラマ「ナイトヒーローNAOTO」、アニメ「坂道のアポロン」の音楽を制作、「スペース☆ダンディ」では泉まくらとのコラボ楽曲を発表。また、Carhartt、NIXON、CHMUS、leh、NSUGAR GLIDERなどアパレルブランドの雑誌やパンフレットなどのメディアにも登場。

2008年、その唯一無二のスタイルにジュラシック5のAKIL THE MC、アレステッド・デベロップメントのEshe、Kev Brownらも共感、MySpaceを通じ彼らと交友を深めコラボした1stアルバムは「ヨーロッパ全域のiTunes HIP HOPのトップページでPICK UPされ、英BBCラジオでO.A.されるなど各国で話題に。

2009年、Shingo Suzuki (B)、関口シンゴ (Gt)と共にバンド<Ovall (オーバル)>として活動。バンド名義でのアルバムリリース前にも関わらず朝霧JAM 2009に出演、緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一変させ、オーディエンスから「今年のベストアクト!」という声が多数挙がった。
同年レーベルメイトと共に月刊でアルバムをリリースするプロジェクト<laidbook>をスタート、1つのテーマに沿ってセッションを繰り広げアートと音楽を融合させたソングブックを毎月リリースし続けるという前代未聞の試みが各所で話題となる。

2010年、3月にリリースしたOvallの1st アルバムでは、Hocus Pocus、Wayna、Kenn Starr、HanaH、類家心平ほか世界中のアーティストが集結。iTunes HIP HOPチャートで1位、タワーレコードbounce年間チャートで洋邦含む総合8位を記録し、英・仏でもリリースされる。アルバムのヒットを受けFUJI ROCK、GREENROOM、RISING SUN、KAIKOO、りんご音楽祭、SunSet Liveなど全国の大型フェスに多数出演。

2011年、Ovallのミニアルバムをリリース、そしてビートメイカーBudamunkと共に<Green Butter>、タブラ奏者U-zhaanと共に<U-zhaan × mabanua>を始動するなど積極的なコラボワークを展開。
また、Tower Recordsの“No Music, No Life?”キャンペーンにレーベルメイトと共に登場。街の巨大看板に掲載される。

2012年、origami主宰のWebメディアoshiteにてOvall 2ndミニアルバムを3,000人限定で無料リリース。リスナーのみならずミュージシャンやクリエイター陣の間でも反響を呼び、grooveman Spot、Budamunk、Kan Sanoほか豪華リミキサー陣によるリミックスアルバムが急遽リリースされた。
また、ヒップホップユニット<GAGLE×Ovall>としても活動開始、アルバムのリリースに加え、全国各地でのライブで定評を得る。同年mabanua名義で待望の2ndアルバムをリリース、発売直後から品切れが続出し朝霧JAM、ITADAKIなど大型フェスにも出演。またU-zhaan×mabanua名義でFUJI ROCK、KAIKOOに出演。さらに矢野顕子、小山田圭吾、MIYAVIと共にイベント「100%ユザーン」に出演。

2013年、さかいゆう、青葉市子を迎えたOvallの2ndアルバムをリリース。
ライブ会場で初めて新曲を披露し、その模様をオーディエンスが自由に撮影・公開するという前代未聞の “リリース前全国ツアー” が話題となり、アルバムは大ヒット。SUMMER SONICにも出演するなど順風満帆な状況の中、ソロとバンドのバランスが取れないという事情によりOvallとしての活動休止を発表。

2014年からはソロ活動に注力。Madlib、Toro Y Moiら海外アーティストとライブでの競演を果たすなど、国内外から大きな注目を集める。
また、FMぐんまで自身がMCを務める番組がスタート、さらに、雑誌「リズム&ドラム・マガジン」の表紙を飾るなど若手ドラマーとして着実に注目度を上げていく。

2015年、FUJI ROCKに2日間で4ステージにサポート&ゲスト出演、ドラマーとして引っぱりだこに。
同年、プロデューサー/プレイヤーとしてレコーディングに参加した楽曲は60曲におよぶ。

2016年現在 3rdアルバムを制作中。
最も注目されている日本人ドラマー / クリエイター。